授乳後 正しいハ?ストアッフ?方法 まとめ

授乳後の正しいバストアップ方法まとめ

授乳後元に戻った?元より小さくなった?

授乳後、役目を終えたようにどんどん小さくなっていくバスト。

人によって、しぼんだといっても大してサイズが変わらないとホッとする人もいれば、元よりも小さくなってしまったと嘆いている人もいます。
妊娠してから授乳後まで、1年以上の間をそのサイズのバストで過ごしてきたのですから、例え元のサイズに戻っただけであっても、元より小さくなったと感じてしまう人はいることでしょう。
ですが、実際に元のサイズよりも授乳後のバストのサイズの方が小さくなってしまう人もいるのです。

 

これは、乳腺が授乳を終えた際に役目を終えたと感じ、退化していってしまうからであり、これによって子供を産む準備ができていた体が子供を産み終わっていわば気が抜けた状態になってしまうのが原因なのです。

 

元々、皮膚が突っ張っていたものが急激にバストのサイズが落ちていくことによってたるんでしまうというのも原因なので、皮膚を張った状態にできればある程度バストアップは可能です。
ですが、上記のように元のサイズより小さくなってしまったという場合には、皮膚のハリを取り戻すだけではなく、バストそのものを大きくするケアも必要になってくると言えます。

 

この場合には、女性ホルモンの分泌力を高めることで実現が可能となりますし、食生活でも良質なタンパク質を摂取し、乳腺の発達を促すようにしなければなりません。
乳腺が発達すればそれを守るために乳腺の周りにまた脂肪が戻ってきますので、ある程度胸のサイズを大きくすることが可能だからです。
元のサイズに戻った場合には、このケアは必要ないかもしれませんが、当初よりしぼんでしまったと嘆くのではなく、皮膚のハリと共に女性ホルモンの分泌をアップさせることもバストアップケアの目標に取り込んでみましょう。

授乳期間とバストの垂れには関係がある?

授乳は、生まれてきた赤ちゃんの成長のためにも、そして免疫力を高めるためにも非常に重要なことです。
母乳で育った赤ちゃんの方が免疫力が高くなるということも分かっているので、その点でも赤ちゃんを母乳で育てることの重要さがお分かりいただけると思います。

 

ですが、お母さんのバストの立場からして、授乳期間とバストの垂れというのはどういう関係があるのか気になりませんか?

 

実際には、この授乳期間・・・つまり、出産してから卒乳までの時期とバストの垂れる度合いに関しては深い関係があることが分かっています。
何となく想像もつくでしょうが、やはり授乳期間が長ければ長いだけ、バストが垂れる確率、垂れる度合いが高くなってしまうのです。
これは、授乳中に赤ちゃんによって胸が引っ張られてしまうことが原因であると言われています。
赤ちゃんによって飲み方に差がありますので、一概に必ず長ければ大きく垂れるともいえませんが、授乳中にクーパー靭帯が伸びてしまい、垂れてしまうこともありますし、母乳が良く出るお母さんは余計に胸が張ってしまったりすることで、しぼんだときの胸の垂れる度合いが大きくなってしまうのです。

 

とはいえ、胸が垂れないように母乳で育てる期間を短くしようというわけにもいきません。
授乳中にも、バストの皮膚をたるませないように引き締め効果のあるクリームやジェルなどを使ったり、授乳クッションなどを上手に利用して赤ちゃんに下へ下へ引っ張られるのを阻止したりといった工夫次第で赤ちゃんに母乳をあげることで胸が垂れてしまうという現象に歯止めをかけることはできます。

 

あくまで、授乳期間と胸の垂れ具合に関係があるとはいえ、授乳後に胸が垂れるのは100%赤ちゃんのせいというわけではありませんのでバストの垂れのことだけ考えて授乳期間を短くするということはないようにしましょう。

授乳後にバストが垂れる原因とは?

授乳後にいかに正しいバストアップ方法を行うかというのは、まず何故授乳後に胸が垂れてしまうのかという原因そのものを知ることから始まります。

その原因となる事柄を改善する、または予防するようにケアを行うことにより、適切にバストアップを実現させることができるからです。

 

授乳後・・ということは、妊娠・出産を経験して授乳期に入るわけですから、必ずしも授乳そのものがバストが垂れてしまう原因になっているわけではありません。
そもそも、妊娠したときに体は出産・授乳を見越して準備を始めます。
子供が生まれたときにきちんと母乳で育てられるようにと準備をするわけです。
結果、母乳の出が良かった・悪かったには関係なく、体はきちんと準備をしていくのものですが、その過程で胸が大きくなります。
普段、胸が小さいことを気にしている人でも、人生で1番幸せだった!という人も多いほど、バストが大きくなるものです。
短期間に急激に胸が大きくなりますので、皮膚が無理矢理に引っ張られているような状態になり、そして授乳で子供が母乳を飲むことで胸が更に引っ張られたり、授乳期を終えると体が(胸が)子育てという役割を終えたという指令を出し、胸が小さくなっていきます。
これも急激に変化しますので、結果皮膚がたるんでしまうわけです。

 

別の視点から見れば、乳腺が深く関係しているとも言えます。
バストが垂れてしまうのは皮膚のせいというのもあるのですが、妊娠するとホルモンバランスの関係で乳腺が発達し、それに伴い乳腺を守る脂肪がつきます。
妊娠すると胸が大きくなるのはこのせいなのですが、授乳を終えてしまうとホルモンバランスが正常に戻っていきますので、乳腺も元の状態に戻り、それに伴い、脂肪が自然と減っていきます。
皮膚がたるむだけではなく脂肪そのものが減ってしまうことも、垂れる原因の1つなのです。

 

また、赤ちゃんに授乳するときに下へ、下へと引っ張られてしまうというのも、たるみの原因になっています。
正直なところ、この原因自体はどうすることもできませんが、他の方法に関してはある程度のケアで改善・予防が可能となります。
授乳を終えればバストは垂れてしまうものと諦めている人もいますが、授乳が終わったあともツンと上向きのキレイなバストを保つことは可能ですし、それを保っている人は大勢います。
適切なケアがバストの垂れを防いでくれるので上手にケアを行い、バストアップを目指しましょう。